May 20 2016
BRAND : HELLOS EXTRAFINE
ITEM : HALF ZIP SHORT SLEEVE SHIRT

前開きはハーフジップ仕様になっており
生地には夏でも快適に着用することが出来るウールトロピカルを使用。
トロピカルとは亜熱帯地方という意味があり、
蒸し暑い場所でも着用できるほど通気性に優れておりサラリとした
肌触りが特徴です。
胸元のポケットには縫い目などを使用せず圧着することが出来る
ポリフレックス仕様。
ゆったりとしたボックスシルエットで
ワークシャツをベースにHELLOS EXTRAFINEが再構築したプロダクトです。
ストリートで定番的なアイテムを、上品で都会的な印象に仕上げています。


 READ MORE

May 19 2016

ITEM:SAND TIMER
DESIGNER:Vogel

工学士ジェラルド・フォーゲルは1993年からドイツ国内で
吹きのガラス製品を制作。創業以来、昔ながらの技法にこだわり、

機械生産にない温もりをもった実験用のガラス製品を中心とした
物作りを続けています。研磨による底面の仕上げをせずに
つくっているので、両端の透明度が高くガラスの色をより綺麗に表現。
サラサラと耳を澄ませたくなるような均一な音を立て、約15分間の時を刻みます。

 READ MORE

May 16 2016
BRAND : TENDER
ITEM : MOUTH BLOWN GLASS TUMBLER

テンダーより、ハンドメイドで制作された
タンブラーが入荷致しました。
気泡を含んだガラスの表情や、何よりも一つ一つの形状が
微妙に異なり丸みを帯びたフォルムが特徴的です。
ハンドメイドの良さを感じることが出来る
テンダーならではのプロダクトです。

 READ MORE

May 14 2016
BRAND : soe shirts
ITEM : POLKA DOTS REGULAR COLLAR

soe shirtsの中でもアイコニックな柄、POLKA DOTS。
今シーズンは、前立の仕様や襟の形などをアップデートしております。
生地はテンセルブロードを使用し、職人によって1枚1枚手捺染でプリント。
機械では表現できない質感が特徴のオリジナルドットです。
柔らかい風合いで、肌触り・着心地が良いため暑い時期でも
ストレス無く着用いただけます。

 READ MORE

May 11 2016
BRAND : soe
ITEM : PAINTED 2B SHIRT JACKET


ボックスシルエットをベースとしたシャツジャケット。
生地は1本の糸の中に細い部分と太い部分の特殊な
ポリエステル糸を使用しており麻調のシャリ感が特徴です。
夏場でも使用できるほど通気性に優れており
とても清涼感のある生地になっております。
また、若き2人の職人が開いた小さな工房で
一点一点ハンドペイントが施された特別なジャケットです。

 READ MORE

May 09 2016
BRAND : TENDER Co
ITEM : CHOCO POT

イギリスで日常的に飲まれているホットチョコレートを
サーブするために制作された独特な形状のポットです。
全てイギリスにて手作業で制作されており
釉薬の色合いと赤土の素朴な風合いが魅力で
TENDERならではのクラフトマンシップが感じられます。
底にはTENDERのトレードマークが刻印されており
ティーポットとしてもご使用頂けます。

 READ MORE

May 07 2016
BRAND : soe
ITEM : PLAIN TOE SHOES BRUSH OFF COLOR

アドバンガラス仕上げのステアレザーを使用したプレーントゥシューズ。
通常のラッカー上塗りを行った後に厚くベール塗膜を塗り、
その後塗膜表面を研磨することで、
色味にグラデーションの変化を付けた仕上げとなっております。
ソールには程よいグリップ力のあるダイナイトソールを採用。
絶妙な色味の変化やソールの配色など、
これからの季節ショートパンツとの合わせもオススメです。

 READ MORE

May 04 2016
BRAND : ARABIA vintage
ITEM : KF2 HORS D'OEUVRE DISH
DESIGNER : KAJ FRANCK

FINLANDのARABIAより1957年にデザインされ、1958年から1962年の4年間のみ製造。
通称「ORIGAMI」と称される幾何学的なフォルムのオードブルディッシュで
構造美と共に機能美溢れるモダンデザインの傑作のひとつとされています。

KAJ FRANCK  (1911-1989)
ヘルシンキ国立美術大学で家具デザインなど7つの異なったコースを学ぶ。
卒業後、家具デザインを主軸としインテリアデザイナーとして活躍。
1945年にARABIA(アラビア)の主任デザイナー、
1950年からはアートディレクターに就任し1973年まで活躍。
「大衆のためのデザイン」と「デザイナーの責任」を信条とし
「フィン ランドの良心」と呼ばれる彼のデザインは機能的でシンプルなフォルム、
装飾はなく色彩のみで表現されたものが多く、また、手工芸的なアプローチで芸術的なスタジ オ作品も数多く残しました。
ルニング賞(1955年)、ミラノトリエンナーレ グランプリ(1957年)、
コンパッソドーロ賞(1957年)など受賞歴多数。

 READ MORE

May 02 2016
TITLE : Juvenile
AUTHOR : Osamu Wataya

夏のウクライナで4000kmもの旅の果てに、綿谷が偶然出会ったティーンエージャ ーたちを、
数年にわたって撮影したカラー写真によって、構成されている。
 幼少期を過ぎたジュヴナイル(年少)の時代を生きる彼らを、
綿谷は「外」からやってきた観察者と して、
時にユーモアや憂愁を交えながらとらえている。

 READ MORE

May 01 2016
BRAND:ARCHITECTURAL POTTERY
MADE IN U.S.A

1948年、ラ・ガルド・タケットは自身が勤めていた
カリフォルニア・スクール・オブ・アートの授業の一環で
スタートさせたアーキテクチュラルポテリー。

学生が地元の企業と製品を作りマーケティング、販売するまでを目的とした非常に稀な授業と注目され、
そこに核となるデザイナーのジョン・フォリスが参加したことによってプロダクトは急速に発展。
1950年に企業家のリタ・ローレンスがこの学生たちのプロダクトを生産、
ディストリビュートする為にアーキテクチュラルポテリー社を設立されることとなり、
多くの美術館の企画展でフューチャーされました。
アーキテクチュラルポテリー社は活動を一時休止されたが、
1998年に現在のVessel USA Inc社がコレクションを引き継ぎ販売が再開されました。

La Gardo Tackett (1911-1992)
1950年代、ロサンゼルスを拠点に活動していたLa Gardo Tackett(ラ・ガルド・タケット)。
家族と共に約16か月間日本に滞在した経歴を持つ。
その際にボストンの輸入業者と出会いSchmid International Incから発売され、
製造を日本の日光陶器が受け持つ"Forma"の食器を開発する。
また、器の歴史のおける人類学の研究に影響を受け、
テーブルでもインテリアのアクセサリーとして独立して使用出来る
アイテムのデザインを手掛ける。
さらに同時期には日本の鉄鉱石を扱う工場にイギリス、ドイツから輸入した機械を用い、
ヨーロッパで訓練を受けた熟練のエンジニア達と共に高品質な
炻器(ストーンウェア)を製作するなど精力的に自身の作品の幅を広げた。
La Gardo Tackettの作品群はいずれもトレードマークとも言えるミニマルかつ
彫刻的なデザインを持ち独特な世界観を演出している。





 


 READ MORE